兵庫セフレ ひたちなか

お昼にインタビューできたのは、言うなら兵庫セフレ、現役でステルスマーケティングのパートをしている五人の中年男性!
欠席したのは、ひたちなかメンズキャバクラでキャストとして働くAさんひたちなか、男子大学生のBさん、売れっ子芸術家のCさん兵庫セフレ、タレントプロダクションに所属するのを諦めたDさん、芸人に憧れるEさんの五人です。
筆者「まず先に兵庫セフレ、辞めた動機から聞いていきます。Aさんからお話しください」
A(元昼キャバ勤務)「おいらは、女性の気持ちが理解できると思い辞めました」
B(スーパー大学生)「わしは、兵庫セフレ稼げれば何でもやると思えず始められませんでしたね」
C(芸術家)「わしは、ひたちなかシンガーをやってるんですけど、もう駆け出しじゃないのにちっとも稼げないんですよ。売れる為には大きな所でなくてもこつこつ下積みすると良いらしいんで、、こういう仕事をやって、ひたちなか何よりもまずアンダーグラウンドな経験を蓄積しようと思って」

兵庫セフレ ひたちなかに重大な脆弱性を発見

D(某芸能プロダクション所属)「小生は、ひたちなか○○ってタレント事務所でパフォーマーを養成すべく励んでいるんですが、一度のコンサートで500円ぽっちしか入らないんで…先輩に紹介していただいたサクラのバイトをやむを得ずやってるんです」
E(若手ピン芸人)「実際は、俺様もDさんと相似しているんですが、コントやってたった一回数百円の楽しい生活してるんです。先輩から紹介を受けて兵庫セフレ、ステルスマーケティングのバイトをやめるようになりました」
大したことではないが、五名のうち三名ものメンバーがタレント事務所に所属中という華やかなメンバーでした…、だがしかし話を聞く以前より、五人にはステマ特有の心労があるようでした…。